誰も知らなかった脱毛

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 給食を残すという問題

給食を残すという問題

 

今の子どもたちは給食を残すということで

 

問題になっています。

 

 

4割が残すということでこの問題、

 

どうにかならないのでしょうか。

 

 

ネット上の声を見てみますと

 

 

バイキング形式みたいにすればいいんだろうけど、栄養が偏るし、食育という観点からすればずれてくる。やはり最後は家庭の躾に行き着くんだろう。うちの娘達も好き嫌い多くて、言ったところで食べない。

 

もっと小さいころからキチンとしつけておくべきだったと悔やんでるよ。

 

 

わざわざわ授業でヒップホップダンスをさせるより大事な事がもっと他にあるだろう。

 

長年に渡り、馬鹿な教育を続けた賜物以外の何物でもないだろう

 

国の失策やろ 

 

 

人権、人権といってると、どうしてもこうなる。

 

人権って、ある意味、「アレも欲しい、これも欲しい」の具現化だから。

 

 

欲しいものの中で、どれを優先し、どれを切り捨てるかが、本来の為政者の役割なんだが、民主主義の世の中では、そういうことをする政治家は育たない。おそらく、民主主義っていずれは滅びる運命なのかな。

 

歴史を見ていると、民主主義は定期的に出ては消え、出ては消えるものだからね。

 

ただ、ここまで世界に民主主義が広がった時代はかつて無かったから、できれば民主主義を修正した上で、長く存続してほしいとは思うが。

 

だけど、おバカな大衆が、そういう修正を許さないのが問題なんだよな。

 

 

そのうち「うちの子は給食を全部食べてないから給食費払わない」なんて親が出てきそう。そんな親の言い分は「うちの子の好物を出さないのが悪い」

 

 

タッパー持参で。

 

処理は自宅でしていただけばよいだけではないでしょうか。

 

残したって事実も親が知ることができるし。

 

 

こんなコメントでした。

コレスリムの口コミと評判